キックボクシングは解説で魅力もより伝わる

キックボクシング

格闘技であり人気スポーツでもあるキックボクシングは解説次第でよりその魅力も伝わる事になります。逆に言うと解説がないとなかなか伝わらない事も多いという事にもなるわけです。というのは、格闘技は技が極めて分からに杭という事があって、それが効いているのかどうかという事になれば、概要の解説無しではなかなか分からないという事があるからです。キックなどで倒れるということがあれば、それで優勢なのか劣勢なのかぐらいは分かりますが、立って戦っている両者のどちらが優勢なのかという事になると、なかなか判断がつかない事が多いと言ってもいいでしょう。

格闘技ではそのため、立ち技が多い方が人気が出やすいという事があります。キックボクシングもそうですが、ボクシングの人気が高いというのもそうした分かり易さが背景にあると考えると良いかもしれません。

ですが、実際に喧嘩などになった時には、一対一であればモノを言う事になるのが寝技などの組技ということになるわけですから、この矛盾をどうやって解決するのかという事が格闘技の大きな課題という事にもなっています。地味なグランドでの戦いという事になれば、なかなか人気を獲得することは難しく、どうしてもプロレスの様なショーの要素を強くしていくしかないという事になってしまうのです。