アイスホッケー 迫力あるシュートシーンなどが魅力

アイスホッケーは北米やヨーロッパで盛んに行われているスポーツです。アイスホッケーは氷上の格闘技という異名を持つくらいボディコンタクトが激しい競技です。そのような激しさが一番の魅力であるアイスホッケーですが、魅力はそれだけではありません。アイスホッケーでは体力を激しく消耗するため他のスポーツでは考える事が出来ないくらい選手交代が頻繁に行われています。選手が交代するたびに攻撃方法が変更されるので、そのたびに守備の戦術もめまぐるしく変化します。このような戦術の変更もアイスホッケーの魅力です。

アイスホッケー

アイスホッケーはパックと言われているものを相手ゴールに入れることで得点となるスポーツです。シュート時のパックのスピードは女子選手でも時速160キロを下回ることは絶対にありません。男子選手の場合だと時速200キロ近くなる場合すらあります。このような凄まじいスピードのシュートを僅か5メートル程度の位置から行います。このような迫力のあるシュートシーンは他のスポーツでは見る事が出来ないアイスホッケーならではの魅力です。

アイスホッケーの選手は比較的大柄な選手が多いですが、小柄な選手でもスケーティングが上手であれば活躍できるスポーツでもあります。